5分コンサル:子どもはどんなことがあっても悪くない



1月ももう下旬、新年度の設計をする頃。 保護者面談のシーズンでもあります。 普段会わない講師とも話す機会が。


以前、「360字コーチング」を投稿しましたが 今回も5分の会話でみるみる変わった方がいたのでシェアします。


レッスンをしていると 計画通りにいかないことなんて

たくさんあります。

生徒さんの反応が悪いのは 理由が何であれ、それは講師のフォーカス設計が機能してないから。 要するに、その瞬間レッスンがつまらないからです‼️

でも、それに気づかずに 生徒を「問題児」扱いして終わらせてはいけません。


後輩のA先生、(若くて素直でキレイなの〜) ちょっとお年頃の女の子 (10) の生徒さんに 手を焼いてるという情報を得て。 私は事務情報をお伝えしに行くついでに話を聞きました。


A先生: 「え、お月謝でもご迷惑かけてたんですね」 「お母様、なかなかお迎えにもいらっしゃらなくて」 「ちょっと複雑なご家庭で」

「その子もレッスン中かなり反抗的なんですよ」 「もう、私もその子に冷たいですもん」


・・・とここまで事情を聞いて。

Minako:「そうかあ、反抗的な生徒さんなんですね」 A先生:「はい、もう私も困ってて・・・_(先輩講師の名前)先生にも相談してるんですが・・・」

Minako:「反抗を受けた時、A先生はどう声かけしてるんですか?」 A先生:「ママに言うよ!って・・・厳しく・・・」


(ママに言うよ、かぁ・・・。 ※ここで私、方針転換)


Minako:「反抗も、その子なりのメッセージですよね。    もっと見て欲しいのかもしれないですよね。どうですか?」 A先生:「あ・・・」

Minako:「でも10歳なら素直に言えないのかも。    お迎えいらっしゃらなかったり    お月謝滞納という点から見ると    お母様も余裕がないのかもしれないですね。」


Minako:「もし、A先生にも冷たくされて追い詰められちゃったら、    その子、行き場がなくなちゃいますね」 A先生:「そうか・・・(沈黙)    そうですね・・・あー私、今なんか泣きそうです💦」


(はい、A先生、気付きました❣️)


Minako:「こう考えてみたらどうですか。    その子は、大人の事情に巻き込まれてるだけ❣️    その子らしく生きられていないのかもしれない。

   子どもはどんなことがあっても悪くない、って    いうのが私のポリシーなんですが、    そんな前提で包んであげてみたらどうでしょう」

A先生:「・・・え、(・・?) いや、私にはそんな力はないです・・・」

Minako:「大丈夫ですよー。A先生超〜キレイだし、

    絶対に女の子たちの憧れになってますから!✨ 

    本気で向き合えばすぐに心開いてもらえると思いますよ。」 A先生:「そうですか・・・✨😊」


ワクワクして終わり! ワクワクしちゃえば大抵うまくいきます

最新記事

すべて表示

【見守り系通訳】

そうそう、ちょうど2年前です! 次世代の世界を背負うリーダー候補さん達の国際的な研修にて 見守り系通訳した時の話 「参加者は基本、コミュニケーションは自力で取って下さい たとえ言葉が通じなくても。 それで得られるものが、あるはずです。 どうしても無理な時だけ、通訳にお願いして下さい」 というスタンスでの通訳ご依頼でした。 なるほどー!!って思いますよね。 ・通訳さんがいる、って思って全面的に依存す

お問い合わせ:

mina.y@cloudnine-academy.com

  • Facebook