【30分で人はここまで変わる!】


最近は動いているつもりでも

壁にはガシガシぶつかり、超どん底な日もあります。


一人では這いあがれません。

そこで、メンターたちの力をお借りしてます


今日は、オーストラリアの女性コーチとの

30分のレーザーコーチングセッション

(受ける側)での気づきをシェアします。


仕事(レッスン&セッション)続きで

正直自分のことは全く手付かず、

せっかくの機会なのに

全~然コールの準備ができませんでした。


言語化って、

自分のことになると途端に難しいと感じ、

日本語でもただでさえ難しいのに


加えて、オーストラリア英語🇦🇺

という自分の未開拓分野も加わって。

(通訳なし、自分次第)


あーー!!!!準備しなきゃ、

の思いが空回りして結局手付かず。


そう、時間じゃなかったってことです。

気が重くてフォーカスが向かなかっただけでしょ!


最初に言い訳してしまったところ、

じゃ、rescheduleしますか? あなた次第よ。と聞かれ


リスケしたって私はどうせ変わらないだろうと思い

とにかく、セッション続けます、と。


すると。1年前に提出した課題を見ながら

質問に答えながら

みるみる進んでゆきました。


「気が重い」と感じていた不安なんて

全く感じるヒマもなく、

私が事前に準備したところで、

到底追いつけないようなところに

連れて行っていただきました。


そう、準備してなくても飛び込んで大正解!だったのです。 所詮私の準備なんて コーチのそれに比べたら、ってところでした。


課題クリアになってスッキリ!


コーチのコンサルってすごいですよ。

穏やかだけれども、じんわりグサグサ来ます

でも最後には想像もしてなかった着地点が待っている

その間、たったの30分。(資料あったから)

でも全く違う世界が開ける。


例えて言うなら

ジタバタしてるところから

ひょいってつまみ上げられて

全然違う場所に連れてってもらえる感じです。

これ、ある意味、恍惚✨


普段はセッションをする方ですが

される側になってみて

その威力が本当~に身に染みて感じられました


痛い場面もあるけれど。

その先に見える期待と希望。

あー、なんか嬉しくてニヤニヤしちゃう。

自分てまだイケるかもって思えるセッション。


私もこういう時間を提供できるように

頑張っております😊


お問い合わせ:

mina.y@cloudnine-academy.com

  • Facebook