【本当に欲しいものを言わない弊害】


メンタルを扱う仕事柄、

英語レッスンでも

人の在り方だとか、

心を扱う題材が多くなります。


在り方を整えるとか

心を鍛えるっていうのは

AIにはできないことです。


今日はちょっと変化球バージョンをご紹介 英語と一緒にこんな処方箋も手に入ります。 理不尽なことで悩まなくてすむようになります。 人生のロードマップを歩む上で 行く手を阻むものから 正しく防御🛡してエネルギーへ転換しましょう

さて、最近の英語レッスンは

「ねじ曲げ会話」について取り上げました



本当に欲しいものを

言わない人が多すぎる。

嘘みたいな本当のお話😊


何が起こっているかというと、

多くの場合は

自分の欲しいものをそのまま言えばいいところを


勝手に複雑〜にねじ曲げて

時に、他人への不平不満という攻撃型にして

放ったりするもんだからわかりにくい!

それじゃ手に入らないしあなたも苦しいよ!(笑


そしてそれで引き寄せあった

仲間同士でつるんで

不平不満が増強されちゃった時には

本当に手が付けられないバケモノと化してます(笑

飼い慣らすのも大変そう👿


私はそこの通訳みたいなものです。

その相手が欲しいことってこういうことでしょう、って。 そのバケモノを一旦解き放ちましょうって。 その色々ふっかけてくる人が本当に欲しいものは このバケモノじゃないはずですと。


もうねー、これ、解明すると

おかしくって仕方ないことがわかります。

教室中が爆笑したことも。

攻撃は一種の甘えかもしれないってこと。


おかげさまで子どもたちにも好評です❣️

塾講師からの嫌がらせに悩んでた学生さんも 「そういうことかー!」って 親子でスッキリ吹っ切れて帰って行かれました。


多くの人は 「本当に欲しいもの」を明確にしていない。

そもそも、そこも明確にしないで 他人にあれこれ期待するっておかしな話です。

本当に欲しいものを明確に言えば 必ず手に入るのにね(笑 だからそうしましょ♫

欲しいものがわからない、っていう人も 安心して下さいね。 必ず、見つかるんです✨

レッスンでお待ちしてまーす。

お問い合わせ:

mina.y@cloudnine-academy.com

  • Facebook