【愛着と手放すこと】

最終更新: 2019年3月8日


怒涛の年度末!

講師業の「ラストレッスン」が連発です。



以前の私はとても感情移入が強くて

「この生徒さんたちに

 もう会えないかもしれないなんて~😥」

みたいな衝撃をいちいち受けていました。


特に保育園でのレッスン、

年少さん&年中さん。

卒園に心踊らせている年長さんは笑顔で送りだせても

慕ってくれてる子どもたちにお別れを言うのが

想像もできないほどとても悲しかったり。


でも、何年前でしょうか、

「愛着」や「愛情」と思っていたもの

でもそれは単なる私の「執着」なんだと知ってからは

笑顔で心から応援できるようになりました。


はい、もっと深刻な別れを経験してからは。


「笑顔でサヨナラ✨」


実際、現場の先生方にもたくさんお会いして

本当にプロフェッショナルでいらっしゃって


子どもたちに本当に必要なこと

を追求していたら


講師がそんな「執着」に固執していたら

もったいないということが分かります。


私の3月はずっと

「ラストレッスン」が続きます。

会えなくなるかもしれない人がこれからも。


でもいつかまたどこかで❣️




32回の閲覧

最新記事

すべて表示

【見守り系通訳】

そうそう、ちょうど2年前です! 次世代の世界を背負うリーダー候補さん達の国際的な研修にて 見守り系通訳した時の話 「参加者は基本、コミュニケーションは自力で取って下さい たとえ言葉が通じなくても。 それで得られるものが、あるはずです。 どうしても無理な時だけ、通訳にお願いして下さい」 というスタンスでの通訳ご依頼でした。 なるほどー!!って思いますよね。 ・通訳さんがいる、って思って全面的に依存す

お問い合わせ:

mina.y@cloudnine-academy.com

  • Facebook