【大切なものを手放した春】

最終更新: 2019年3月21日

今日は満月の春分の日。

すごいパワーで宇宙が応援してくれています。


そして卒園・卒業シーズン真っ只中です。

力強く羽ばたいていかれる姿をとても嬉しく思います。

まことにおめでとうございます。


毎年、たくさんの修了証にサインして送り出す側でしたが

今年は、ちょっといつもと違う春を迎えています。


私自身も「卒業」なのです。



今まで一番大切にしていたことと

お別れすることになりました。


私のミッション:強い日本人の育成

ビジョン:次世代が自分らしく生きられる社会

のために


「子どもたちへ英語を教えること」

を少し手離し、若い方へお任せすることに。


たくさんの園児さんたちが

楽しく英語に触れられる時間。

それが私に力を与えてくれていました。


次世代を担う子どもたち

が私の一番の情熱です。

彼らの心の豊かさを守ること。

楽しい英語の時間、が私なりの答えと以前は思っていました。


しかし、日本の子どもたちを取り巻く環境と、

私自身が社会に提供できることを考えると


私が直接英語を教えることよりも

彼らが安心して生きられる環境を整えることに

シフトチェンジした方が

結局は多くの子どもたちに寄与できると考えました。


とっても、とっても楽しかった

園児さんたちと過ごした時間。


「ミナコ先生、両方やればいいのに!」

と言って下さる園の先生もいらっしゃって

本当に嬉しいことです。


私のミッションに共感して下さる先生方にも出会えました。


後ろ向きな理由で辞めるわけでもないし

楽しく英語を教えることの

もっと、その先を見て選んだことですが


お別れの瞬間はやっぱり辛いものでした。


長年通った園。

本当に信じられないけれど

笑顔でお別れです。


園児さんたち&先生方から

恐縮ながら

心温まるプレゼントをいただき

胸が一杯になりました。


卒園式前で本当にお忙しい最中なのに

イチ外部講師に過ぎない私のために

心を込めてプレゼントをご用意下さり、

お別れの時間をわざわざ作って下さり

ありがとうございます。

なんと幸せなのでしょう。


私の新しい道を応援していただける幸せを胸に。

今後とも価値提供の手は緩めませんのでw

私の活動を楽しみにお待ちくださいませ!

67回の閲覧

最新記事

すべて表示

【見守り系通訳】

そうそう、ちょうど2年前です! 次世代の世界を背負うリーダー候補さん達の国際的な研修にて 見守り系通訳した時の話 「参加者は基本、コミュニケーションは自力で取って下さい たとえ言葉が通じなくても。 それで得られるものが、あるはずです。 どうしても無理な時だけ、通訳にお願いして下さい」 というスタンスでの通訳ご依頼でした。 なるほどー!!って思いますよね。 ・通訳さんがいる、って思って全面的に依存す

お問い合わせ:

mina.y@cloudnine-academy.com

  • Facebook